ぞろ目の日。

しごとを
することは


世界を
愛すること


そう
気がついたときから


目の前にひろがる
世界の色彩が


あざやかに
きらめきはじめる



「大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ」



はらだ たけひで


冨山房インターナショナル



愛とは何か
ずっと
かんがえている


かたちのない


そのものをつかまえる


その瞬間が
キラリとかがやく


それが
愛というもので


それが
画家というしごとにおいては
かたちとして残る


ピロスマニの絵を見たとき
そう
思った


その日暮らしの
不安やさびしさ、かなしみが
重なりあって


震える
その絵は


なんとも
せつない祈りや愛に
満ちていて


かなしくなるくらい
うつくしい


どんなに
ゆたかになっても


人間は
ひとりで生まれ
ひとりで死んでゆく


埋まらない
この
せつなさを


受け入れたひとにしか
できないしごとがある



グルジアの画家
ニコ・ピロスマニに捧げられた


この絵本を
手にとるたび


しごととはなにか
愛とはなにか


かんがえている



つぶらな瞳の いきものたち
わたしたちの やさしいおもい


絵をかくことは 愛すること
この世の うつくしいもの
すべてを



不甲斐ない仕事を
してしまった夜は


この文章と
ピロスマニの震えた
絵を思い出す



つたなくても
情けなくても
稼げなくても


わたしたちが
つくりだす
証のようなもの


いつの日か


だれかに
つたわり、つながると


しんじて歩む


つよさ
うつくしさ


グルジアに生きた
孤高の画家


ピロスマニへの
作者からの愛を通じて


おしえてくれる
すばらしい
絵本です。


新年はじめてのぞろ目。


何にしようかなあ。
と。


本棚のこの絵本を手にとって。


あんまりの
うつくしさに
泣いてしまいました。


うつくしいって
しあわせなこと。


読めばきっと。


あたたかなきもちで
眠れますよ。

ぞろ目の日。

恋や愛。


その感情を抱く
瞬間が


生きているよろこびの
いちばん甘く
うつくしいところ。


なんだよなあ。



「はつ恋」


ツルゲーネフ


小川洋子
絵 中村幸子


角川書店



うまくいかなくても
届かなくても


ひとは
恋をすることを
やめられない。


それは
文学、音楽、絵画、演劇、映画。


それら
すべてに宿る
芸術の官能に似ているし


ときに
哀しみも、喪失
痛みや苦しみまでも


うつくしさに
かえてゆく力をもつ
感情なのだとおもうのです。



感情を燃やし尽くして
生きてゆくよろこびを


たんたんと
最低限のことばと色で
表現した


うつくしい絵本。


せっかく
この世に生まれてきたのだから



沸き上がるような
ひとを愛するよろこびを。


身体中がしびれるような
恋のきらめきも。


たくさんのこどもたちに
知ってほしいな。























ぞろ目の日。

しごと
って。


なんだろか。


ずっと
かんがえてきたけれど。



かんがえても
なやんでも
わからなかった。



くるしくて
しんどくて


投げ出したくなったことも
たくさんある。




「しごと」


ヘレン・オクセンバリー 作



しごと。は仕事。





仕える事。


事に仕える。





この絵本。


文字も無く。


ひたすら生きる
赤ん坊が描かれております。





あたえられたものを吸収し
経験し、成長し、生きてゆくこと。



そして、死ぬ。



その日まで
生きること。



しごと。



しごとは我慢すること。
しごとはつらくてあたりまえ。
しごとはしすぎちゃいけない。



みんな。
そう言うけれど。





それも
なんかちがう。





もっと。
ありのまま。


自由に
のびのびと


しごとすれば
いいのかもしれない。




赤ん坊のように
まっすぐ。


じぶんのこころのまんなか。



みつけながら
たたかいながら
生きてゆく。



これが。
しごと。




最後のページ。


赤ちゃんはまっすぐ。


読者をみつめています。




簡単なことだよ(笑)


しごとは
じぶんを育てること。



今日が
死ぬまでの
いちばん若い日だ。


さあ
息をするように。



しごとをしよう。

八周年!!

9月23日。
秋分の日。



8年前の今日。



私の隠れ家は
プレオープンしました。



あの日は
ものすごい。

雨が降っていたなあ(笑)




お店をする。と。
いうことは

毎日、仕込みと接客と
片付けと掃除とお金の管理。

繰り返し。繰り返し。



それはもう。



ぼろぼろになってゆく
手のひらをみつめながら
人生を哲学し続けるような日々。



生きるとは何か
仕事とは何か
お金とは何か



毎日、毎日。

そればっかり考えていた
気がします。






8年たって。

やっと。今。
いろんな答えが見えてきて。





すとん。
と。

音をたてて
つながってゆく。

8年間という時の流れと
すべての出来事。






ここで何かを
書くことより

これから
日々つくりだす仕事を
感じていただいて。




お世話になったみなさまへの
恩返しとさせていただきたいと
思っております。





たくさんのお客さまのきもちを
いただいて

ここまで
拙い仕事を
続けさせていただきました。





ほんとうに
ほんとうに
ありがとうございます。





なお、周年イベントは
恒例ですが(笑)やりません。
そして、お祝いは
お断りしております(涙)





正直に言いますと
ものをもらうのが
ちいさい頃から
とても。苦手なのです。





気持ちとしましては

こちらが
感謝のきもちの贈呈品を
差し上げたいくらいです。




これから先も
思い出した時に
お店に来ていただくだけで

ものすごく
しあわせです。





さあさあ
これから。

9年目。

ワクワクするような
毎日を送ってゆくつもり。





その
ワクワクが

お客さまへの
何よりの仕事になるよう。

祈りをこめて。





8周年のご挨拶と
させていただきます。





10月1日より
営業時間の変更がございます。




もう、おばさんだから
ゆるしてください…(笑)




変更したぶんだけ
いい仕事しますよ!!

ぞろ目の日。

おなじかたちの
そまつな家でも


思い出や記憶が
宿っている家


ていねいに
愛されている家


が、まとう
ゆたかさ。



記憶と心根を
さがして


みつけてゆく
育んでゆく
うつくしい暮らしは


家に宿り


家がまとう
満たされた表情は


ふれあい
連鎖して



ひとが人として
ゆたかに生きてゆくうつくしさを



私たちに
おしえてくれるのだと
思うのです。



「ちいさいおうち」


バージニア・リー・バートン 文・絵
石井桃子



岩波書店



目に見える価値や
集団心理から


ぬけだして。


ものに価値をあたえるのは
いつも


自分自身の心根。



身の回りにある
すべてのものを宝物にするのも


ゴミにするのも


ひとりの人間の
意識の問題なんだなあ。


ものはいつだって
やさしくて。


私たちにこたえて
よりそってくれている。



さあ。
わたしも。



粗末なエプロンも
ちいさな店も
宝物に変えてゆく。


人間の意識は
魔法なのだ。

ぞろ目の日。

ころんでも
ケガをしても
一寸先は崖でも


はじめてのことを
経験することは


たのしい。



チョコアイス、ソフトクリーム、かきごおり。
どれがたべたいかなんて
決められない。


どれがいちばんすき?



の。答えは。


全部食べてみなきゃ
わからないのであります(笑)





「どれがいちばんすき?」



ジェイムス・スティーブンソン 作
千葉茂樹 編訳


岩波書店




生きてゆくよろこびの
ぎゅーっとつまった


詩集絵本。



なんにでもなれるよ。
すきなことしなよ。
だめなのもたまにいいよね。
見方をかえてみたら?
あたらしいこと知りたいね。
とにかくやってみれば?



時のきらめく瞬間。


未来がキラリとひかる瞬間。


つかまえて生きる
毎日はたのしい。



生きているかぎり
いのちやこころは躍動してゆけるのだなあ。



と。



よんでいるうちに
自然とからだとこころが
するすると解放されてゆく。



なんだか
哲学書のような絵本です。



最後に。


絵本の中から
大好きな詩をひとつ。







さいこうのかいがらが
きょうも はまべで まっている
さいこうのこどもに ひろわれるのを




さあさあ。
毎日は冒険。


宝物さがしの日々は
ゆめと希望に満ちているはずなのです。

ぞろ目の日。

たとえば


ラップで包まれた
おにぎりを食べる瞬間の
海苔の匂い。


けだるい夏休みの午後。


市民プールの待合室ロビーで
友達とたべた
おにぎりの記憶。


ガラス越しに
聴こえた蝉の声。


朝、台所で
おにぎりをにぎる
お母さんの背中。



水筒にはいっていた
茶の味まで。


おにぎりの
海苔の匂いを嗅ぐと



するすると
わき上がるように
よみがえる


こどもの頃の記憶。



「あれたべたい」



枡野浩一 ぶん
目黒雅也 え



こどものころの
食事の記憶。


いのちを殺め
いのちを繋ぐ
食事。


たべる。
という行為の


根本のところに
母親が毎日


こどもに提示しつづける
愛情のようなものがみえてくる。


生きてほしい。
と。いう。きもち。


を。


こどもは食べつづけて
育ってゆく。





「あれたべたい

また会いたい

きっと会える

たべたら会える」



帯に書いてある


角田光代さんの
このことばの意味すること。


記憶を再生する食事。



この絵本には
そのしくみがちゃんと
描いてある。



なぜ
食べるのか。


何を
食べているのか。



料理に託す
気持ちのようなものと


記憶の関係性。



美食、美食と
高級食材や非日常を
追い求めるのではなく。


人間がしあわせな記憶を
取りもどすために
思い出すべきな



もっと
たいせつなこと。


こどもにも、おとなにも
つたわる。



とても
やさしい絵本です。



わたしも。
あした死んじゃうなら


最後の食事は



お母さんのつくってくれた
お弁当が食べたいな。